フレッツ光の代理店について

フレッツ光の代理店からの営業を受けたという人は多いと思います。
営業では「毎月の利用料が安くなる」とか「キャッシュバックを受けられる」といったセールストークが多いのですが、これらのことを鵜呑みにしてはいけません。
そのようなトークをする人たちには、フレッツ光に関する心配事をたくさん質問してみるとよいでしょう。
わかりやすいセールストークをする営業マンたちはあまり知識がないことが多いため、ちゃんと答えられる
人は少ないはずです。
そういうセールストークをする代理店は契約を取ることだけが目標であるため、お客さんのことは二の次であるところが多いんです。
当然ながらそんな代理店を通して契約するとその後も更なる契約の電話がたくさんかかってきます。
その他にも、現在使っているプロバイダーを聞いてきたり、個人情報を聞き出すことで次のセールスをしかけてくるところもあるようなので、甘い営業トークでしかけてくるところでは契約しないようにしましょう。
また、自分だけではなく、自分の実家に対してもこんな営業をしてくるフレッツ光の代理店では契約しないように注意をするように言っておくとよいでしょう。

あと、ケーズデンキやヤマダ電機などの大手家電量販店では携帯電話のカウンターの近くにフレッツ光のカウンターがあることも多いですよね。
引越や進学、就職などで新しいところにすむときにはインターネットの申し込みをした人も多いと思います。
ですので、だいたい3月や4月ごろになると、家電量販店のインターネット契約カウンターは人でごったがえします。
インターネットを契約するカウンターは多くの人が訪れます。
ですから、スタッフの方も機械的な対応しかできません。
人がたくさん来店しますから一人ひとりに丁寧な対応は難しいと思います。
フレッツ光の仕組みを理解している人なら、機械的な対応でもかまわないと思いますが、あまりフレッツ光に詳しくないとよくわからないまま契約してしまって、結果、損をしてしまうということもあるかもしれません。
ですから、もし心配があるのでしたら、人があまりいない時期にいくというのもよいと思います。
その時期というのは、3月4月以外の時期になります。
例えば1月や2月、または5月に家電量販店に行くというのがよいでしょう。
この時期は人があまりいないので、何でも聞きたいことを相談することができるでしょう。

そんんわけで、フレッツ光の代理店比較はこちらから

引越とプロバイダー

この時期になってくると、入学や就職などで新生活をはじめるという人も多いでしょう。
引越に伴って、契約をしていたプロバイダを変更するか、または解約することになると思います。
ここでおすすめの方法としては、プロバイダは住所を変更するよりもいったん解約して、別のプロバイダーにしたほうがお得であるということです。
これには理由があります。プロバイダーは新規のお客さんを獲得するために多額の広告費を費やしています。
この広告費の一部がキャッシュバックという形で、私たちお客さんに流れてくるというわけです。
ですから、なるべくでしたら引越のときはプロバイダーは住所を変更するのではなくて、一度解約して別のプロバイダーに入りなおすというのがいいでしょう。
また、金額だけではなく、住所変更は面倒な手続きが多いので手続きを簡単にするというメリットもあります。
ですが、プロバイダーの解約や住所変更をするときには注意することもあります。
それはなぜかというと、プロバイダーによっては引越先の住所ではそのプロバイダーが対応していないことがあるんです。

もし魅力的なキャンペーンを見つけても最後にそのプロバイダーが対応していないとなるとがっかりしますし、探した時間ももったいないですよね。
ですから、プロバイダーを探すときには最初に引越先の住所でもそのプロバイダーが対応しているのか確認しておくとよいでしょう。

昔はインターネットをしたいと思っていても

昔はインターネットをしたいと思っていても簡単にすることはできませんでした。
というのも価格が高いのも理由のひとつでしたが、ネットを使うにはパソコンに関する知識が必要でした。
ですから、ある程度経済的に余裕があって、ネットに関する知識がある人でないとネットを使うことができなかったのです。

また、業者もあまり多くはありませんでした。
ですが、近頃はネットの回線事業者も多くなり、それに伴って競争もはげいくなってきたことから、利用料金も下落傾向にあります。

ですから多くの人がネットをできるようになったわけです。
ですが、営業が激しくなったことで、ただ単に「安くなる」といった触れ込みで契約を迫る、いわゆる悪徳な代理店が多く誕生することにもなりましたから、私たち消費者も簡単に信用しないようにしましょう。
そのような悪徳な代理店から身を守る手段としては、フレッツ光に関するちゃんとした知識を持つことが重要であるといえるでしょう。

あと、フレッツ光は代理店を通して契約すると後々営業の人から営業電話がかかってくるためあまり代理店を通して契約することはお勧めできません。
もちろん、営業の電話が嫌いではないという人はいいのですが、多くの人はあまり営業をされてよい気持ちになるというのはないと思います。

営業での電話の内容はあまり難しいことはあまり言わずかんたんに安くなるということを伝えて興味を引くことが多いためあまりフレッツ光の知識がないと簡単に契約してしまってその結果損をしてしまうということが多いので注意が必要です。

もしあまりフレッツ光の知識がないのでしたら、代理店を通しての契約ではなくて、NTTに直接連絡をして窓口で契約するようにするのがおすすめです。